イランアライバルビザ取得とイスラエル、アメリカ入出国

イラン入国、アライバルビザ取得は中々複雑だったので幾つか書いておこうかなと。入国にあたって気をつけないといけない点は二つ。①イスラエルスタンプ及び、②アメリカ入国ビザ、である。

まず①イスラエルスタンプがあるとイランに入国出来ない可能性が高い。イランはイスラエルを非常に敵視しており、イランの地図にイスラエルは存在しない。パレスティナと書いてある。

最近イスラエルも色々な旅行者にスタンプいらないと言われているためだろうか、空港では紙を一枚もらうだけで、パスポートにスタンプは押してこない。

陸路は僕は使っていないため分からないのだが、イスラエルからヨルダンに陸路で行こうと考えたことがあった。その時に問題になるのは、イスラエルで出国スタンプを押さなくても、ヨルダン国境でスタンプを押されるとイスラエルとの国境を陸路で越えたと分かってしまうことである!ヨルダン国境でスタンプ押さないでね~と言っても担当者がその通りにしてくれるかは分からない。気分次第だろう。

ちなみにイスラエル→ヨルダンの陸路はエルサレムからの最短距離、キングフセイン橋だとヨルダン側でビザがでない。それを避けて国境でビザを取るためには北のシェイクフセイン国境を通らないといけない。またはかなり南のアカバ付近か。どっちもかなり回り道でめんどくさい!くわしくはヨルダン観光局サイト参照

上記の理由により、僕はエルサレム→アンマンのフライトを選択。45分しかかからないのに3万円、高いわ!そして空いてる。

実際はエチオピア→イスラエル→ヨルダンと移動したものの、パスポート上はエチオピア→ヨルダンと移動した様に見える。しかし目ざとい入国審査官はエチオピア出国→ヨルダン入国の移動が一週間と、時間かかり過ぎていることに気付くかも知れない。そこを問われた場合、日本に帰ってましたよっという説明にする。日本は指紋認証による自動化ゲートを通るのでスタンプは押されないという情報も加える。

・・・と入念に準備していったのだが、イラン入国審査官はあまりパスポートを見ていなかった気がする。テヘランではなく南のシラーズで入国したからかも知れないが。まぁ備えあれば憂い無しである。

イラン入国時に海外旅行保険に強制加入させられるという話も聞くが、英文保険証書を見せたら加入させられることはなかった。

ビザ代は$65。ユーロでも払える。

次の②アメリカビザ問題だが、イランの入国スタンプがあるとUSへの入国が難しくなる。イランスタンプがある状態でESTAを使って軽い気持ちで入国しようとすると、US入国時に別室送りになるケースがあり、非常に時間がかかるらしい。

それを回避するためにはイラン入国前か後に、アメリカ大使館での面接を経て10年有効な観光ビザを取得する必要がある。面倒くさい!ので本籍変更後にパスポートを更新して、イランに行った痕跡を抹消するという技を使うことにする予定。→その後問題なくUS入国出来た!

クレジットカード、キャッシュカード使えず

USによる経済制裁のため、米国系のキャッシュカード(VISA, Master, Amex)が使えない。そのため、ATMから現地通貨イランリアルを引き出すことが出来ない。

クレジットカードも勿論使えない。イランのホテルはウェブ予約は出来るものの、ウェブでのクレジットカード決済が出来ない。。。繰り返しになるが、VISA, Master等が使用不可のため。JCBどこ行った??

ので、現金を持ち込んで両替するしかない。最も流通している外貨はイランの敵国にも関わらず、泣く子も黙るUSD。僕はイランにいく前にドバイにいた(「ドバイの七つ星ホテル、ブルジュアルアラブに泊まってみた」参照)ので、UAEの現地通貨ディルハムを引き出しUSDに両替して、イランに持ち込んだ。主な使い途はホテル代、飛行機代(イラン国内線及びイラン出国時)、タクシー代、食事代、観光地チケットである。

両替を出来る場所は色々あるが、公式レートと民間レートのずれが著しい。これはインフレが激しい国だとよくある。公式レートだと1USD=32,500IRR(イランリアル)だが、街の中だと1USD=38,000~42,000IRRといった相場である。つまり、USDに比してイランリアルの価値が低いと思っている人が多い。

そうするとそのスプレッドで稼ぐべく、街中に両替商が増殖する。インフレ激しいアルゼンチンと一緒

またかなり謎なのが、一部のペルシア絨毯の店ではVISAやMaster使えるよっと掲げていること。ペルシア絨毯の店に入るとぼったくられそうなので、詳細は分からなかったが。。。

数字読めない問題

さらにややこしいのが、トマンという補助通貨単位の存在。1トマン=10リアルである。タクシーの値段交渉だと大体トマン。レストランの食事表記はトマンだったりリアルだったりするのでどっちなのか聞かないといけない。

また数字も我々が普段使っているアラビア数字ではなく、ペルシア数字なので、読めない、、、現地の人はアラビア数字が読めるので、数字については電卓で会話することになる。

1+

いいね! or シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加