腎臓結石除去手術①

待ち石来ず

以前のブログで書いた通り、腎臓結石による痛みを初めて感じたのがイースター島、エコー検査で石が発見されたのはアルゼンチンである。アルゼンチン人医師にあなたの石は小さいから、沢山水を飲んでジャンプして排石するんだという指示を受けたものの、待てども待てども待ち人、ではなく待ち石現れず。。。
そしてNYについてからまた下腹部が痛くなってきたので病院に行ってみた。

保険会社の指示により、まずは日系の病院に行ってみる。安心メディカルという病院なのだが、泌尿器科医はないため、別の病院を紹介してもらった。人気の泌尿器科らしく当日は行けず、数日後である。そして訪問したのがミッドタウンの、Dr. David Samadi。まず、紙を6枚書かないといけない。自分の症状、個人情報の取り扱い、親族の病歴等々である。訴訟大国アメリカだから仕方ないなーと思い書く。記入するのに30分はかかった。その後、尿検査を受け、ドクターサマディと面談。

ビジネスドクター

このドクター、医師と言うかビジネスマンみたいである。少し光沢のあるスーツを着ていて、柄のあるネクタイとそれに合わせたポケットチーフがちょこんと顔を出している。
非常に投資銀行っぽい。あとで調べてみるとユダヤ系のイラン人らしく、Wikipediaのページもあり、セレブリティドクターらしい。なんじゃそりゃ。そしてフォックスニュースで番組ホストを務めていた模様。トランプみたいだな。トランプはリアリティショーだけど。
医師のレーティングサイトを見てみると(日本にもあると便利だよ!)、いい腕という声が多くある一方、傲慢だと言う声も見られる。

兎にも角にもビジネス臭がすごい。オフィスにも色々なツームストーンみたいなのが飾ってあり、投資銀行のMDの部屋みたいである。そして自身の愛馬の写真も飾ってあった。全然大レースではなく、未勝利と条件戦だったけど。ちなみに写真を撮影した場所はアメリカ三冠目が行われるベルモント。

この病院、否オフィスにはCTスキャンの機械がないため、他の検査機関まで行かされる。歩いて10分くらい。僕は歩けない程の症状ではないからいいけど、歩けない人はどうするんだろう?UBERかタクシーか。

検査結果と手術の方法

CTスキャンの結果、左の腎臓に7ミリ位の石があることが判明。自然排石されるか微妙な大きさである。始めに発見されてから2ヶ月と時間がかかっているので、ドクターからは今直ぐ手術すべきと言われる。
選択肢は二つ。

①尿道から内視鏡を通して、膀胱→尿管→腎臓と遡ってレーザーで石を焼き切る。その後石を掴んで出す。全身麻酔必須
②外部からの衝撃波で石を割る。その後内視鏡で破壊された石を掴んで出す。麻酔必須

色々調べたところ、②は日本だと内視鏡及び麻酔無しでやることも多いらしい。しかし、ドクター曰く石がうまく割れるか不確定かつ、排石時の痛みも大きいので一気に取った方がいいとのこと。
また日本だと①は3日くらいの入院になるらしいのだが、ドクター曰く即日で帰れるとのこと。ほんとか・・・??

しかし内視鏡を尿道から刺すというのはどういうことかお分かり頂けるだろうか??男性なら分かると思うがはっきり言って怖い!!女性も怖いと思うが。
僕は直ぐには決断出来なかった。2時間色々調べて悩んだ末、、、①アメリカで治療しておかないと身体にも負担がかかる。②石が腎臓から尿管に下りて来たら痛みが凄まじいので耐えられなさそう。③ドクターはビジネスマンだが腕は良さそう。と考え、手術を受けることに決定。来週の6/5の月曜である。どきどき。

1+

いいね! or シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. fuji より:

    諸々終わって、全ての環境がリセットされて上海から日本に移りました。そしてブログを中米からキャッチアップしてたら北米でまた腎臓結石!今回は手術編!上海だったら手術には踏み切らないで無理してでも日本に一時帰国しただろうな。リアルタイム感があってどきどきするわ

    0

    • ele より:

      お帰り〜。上海で手術は確かに回避したいね。元々結石が発見された、ブエノスアイレスも手術はあまり安心出来ないわ。

      1+